マーシア×シェリル至上主義

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ 黒執事 第十三話「その執事、居候」

<<   作成日時 : 2009/02/08 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 王子に居候されるお話。


黒執事 Kuroshitsuji

第十三話「その執事、居候」

OP「モノクロのキス」ED「I’m Alive」
DVD完全限定版T/U/V/W通常版T/U/V/W


 王子と従者、登場の巻。

 インド帰りの人間が吊るされる事件が多発し捜査を命じられるシエル、スラム街を歩いていたらチンピラ達に絡まれたり、インドの王子と従者に決闘されたり助けられたり?。更にロンドンに滞在中のシエルは王子・ソーマと従者・アグニに館まで押し掛けられ、人探しを手伝うようせがまれる始末。フェンシングで白黒つける事になるも、シエルは素人相手に大人げなかったり、ソーマは家来を使って悪びれなかったり。結局、執事vs従者に。
 勝負は両者のフルーレが折れ引き分け、腑に落ちないシエルですが、悪魔曰くアグニは普通の人間?。何時もは一人で夕食を準備するセバスチャンですが、手伝いたいと言うアグニの申し出を聞く事に。アグニは使用人ズにも手伝って貰い、その巧みな操縦(?)にセバスチャンも感心?。アグニはセバスチャンに王子との出会いの経緯を語りつつ。浚われた侍女を探しに来たと言うソーマ、シエルは「その程度の絶望」と切って捨てつつも、気遣いを見せますが、2人は夜だと言うのに何処かへお出掛け?。あからさまに怪しくも動機の面で薄そうな2人ですが、悪の貴族は一先ず監視モード、セバスチャンが出かけるアグニを尾行して?、続く。

 新キャラ登場、ちょっとした王子の傍若無人と一度死んだ従者の人間の良さが流石?、悪の貴族は振り回されるくらいが微笑ましいなぁと思ったり(笑)。そして、何時に無く生き生きしていた(?)使用人×3に和みつつ。神様のお話もあったので、今回も何か人ならざる物の仕業なんでしょうか?。そして、王子が探す侍女の安否も気になりつつ。二つの事件に関わりがあるのか?、2人が良い人なのか悪い人なのか?、実はわざわざ首を突っ込んで来てる劉にそろそろ何かあったりするんじゃないか?、てか藍猫さんが出ないなら劉も出なくて良いです(酷)等々、色々気になる所です。



モノクロのキス(黒執事盤)
KRE(SME)(M)
2009-01-21
シド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

作品感想記事

  1. ワイルドブーケ 想いを綴る花の名は
  2. ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で

ブログ通信簿

■ 黒執事 第十三話「その執事、居候」 マーシア×シェリル至上主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる