■アニメ感想[2006/03/10(金)]

間の悪い一日でした。


■アニメ感想[2006/03/10(金)]
何かと映画づいてる金曜日。

[地上波]
ケロロ軍曹 第100話
「ケロロ え?我が輩…誰?みんな…誰? であります」
「」
100回の節目に記憶喪失になった皆さんと、自爆直前の秘密基地。
シーズン終了目前(?)な所為か、パロネタも一段と色濃い感じ。
更にいつにも増して歌も歌ったりで、しっかりとCDアピール。
24・アイドル・戦隊・笑点・サザエさん・古畑の音楽(?)・火の鳥etc…
取り敢えず印象的だった物、まだまだあったかもですが。
改めてケロロ小隊の面々の本質に迫る感じだったかと、…本質がコント?
地球人側の存在感が薄かったのは残念ですが、尺の都合もありますし。
もしくは、小隊と地球人の絆をより全面に出したお話でも良かったかも?
原因は予想通りと言うか、次回への上手い繋ぎだったと思います。
衛星の自爆停止と離脱は、或いは防衛行動だったのかも、と思ったり。
次回からは、いよいよ一年待ったエピソードで楽しみです。
そして、3rdシーズンも決定で一安心。枠が変わるので注意。

とっとこハム太郎 第293話「とっとこ旅立ち!春の風」
ロコちゃん6年生だったんですか!?それが驚き。
春に重ねて、番組改変期の風を感じ取る(?)トンガリくん。
番組が続きそうでもあり、終わりそうでもあるコメントでしたが。
人間パートは木村君の転校、余計な誘導も無くお別れまで。
しっかりと別れを受け止めた皆の爽やかな笑顔が素敵でした。
トンガリくんの出会いと別れのお話も良い話過ぎて驚きつつ感動。
旅立ちの季節にピッタリな、見る人の心に残る素敵なお話でした。
あと、浅川悠さんの二役共が居なくなったのが残念です。

ドラえもん 「生き残るのはダレだ!? 無人島の大怪物 (前編・後編)」
海中から迫るのび太がしずかちゃんに変な事をしなくて一安心。
露出プレイの連続で、ある意味しずかちゃん眼福受難の回。
自作自演で精神的優位に立つのび太の白々しい演説が素敵。
策士策に溺れると言った感じで、楽しいお話でした。
水田さんと大原さんのコメントも見られて良かったです。

クレヨンしんちゃん
「ミニパトのおねいさんだゾ」

刑事物のパロネタオンパレード、踊る・24・古畑・コロンボ。
そしてしんちゃんに振り回される婦警さん、ノリノリですが。
最期は綺麗にオチて良かったです、結構好きなノリでした。
「父ちゃんの大事なシャツだゾ」
新しいシャツとカレーうどんと怖い奥さん、必死なひろしが面白かったです。
次回は、今まで出なかったのが不思議な新キャラが。

金曜ロードショー「耳をすませば」
何度も見てますが、つい流し見。
本名陽子さんの事を認識してから見るのは初めてかも。
雫の快活で無防備でどこか脆い感じは、なぎさに通じる気も。
お話的に好きなのは、猫絡みのシーンばかりなんですが。
伝わって来る物はあるけど、話が彼方此方に飛んで散漫な印象も。
雫と聖司の急接近は、唐突な気もしますが初々しくてアリかな、と。
違うクラスから尋ねて来ただけでアレだけ盛り上るクラスって(笑)
お父さんが良いキャラですが、立花隆さんの棒読みっぷりが惜しい。
何もかもがままならなかった雫の吐露に胸を突かれました。
夢に向かって背伸びしながら直向きに頑張る姿が素敵です。
所々で気になった棒読みが、もう少し何とかならないかと思ったり。


耳をすませば
>金曜ロードショー「耳をすませば」

耳をすませば [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 今日のとっとこハム太郎

    Excerpt: マーシア×シェリル至上主義の2006/03/10のエントリによると、今日の「とっとこハム太郎」は浅川さんの担当キャラがお別れをする話だったようで、なんとも残念。木村君は転校、トンガリくんは旅立ち(?.. Weblog: Waiting for YUUぶろぐ racked: 2006-03-11 02:15
  • いたずらサバイバル

    Excerpt:  劇場版が始まった、『ドラえもん[1979年版第2世代]』。なかなか好調だとか。  トリノオリンピックで金メダルを獲得した、荒川静香さんが、『ドラ』出演の計画もあるとかないとか。どうなってしまうのだ.. Weblog: 銀河後悔日誌 racked: 2006-03-11 23:21