■アニメ感想[2006/03/07(火)]

落ち着かない一日でした。


■アニメ感想[2006/03/07(火)]
録画は来週までには消化したい所。。

[地上波]
capeta Lap.23「ラストチャンス!」
既にあと1戦走るのが限界(?)のカート、実は本当に走るだけで奇跡。
チャンピオンになるより、奈臣と戦う為に次戦を欠場しようとするカペタ。
本音を吐露するカペタの様子が切ないです、社長もイライラしてますが。
茂波が奈臣にカペタの事を言われたり、カペタと信が腹を割って話したり。
カペタと信の2人でカートを押す件が、今後の2人の苦労を思わせるようで涙。
あと、奈臣に茂波が悪態をついたりするバスのシーンも面白かったです。

アニマル横町
第43話「どき☆どきうさぎとカメの巻

昔話を読んで拗ねた(?)イヨが、亀ののんこと競走。最初は真面目でしたが…
レースシーンの動きが必要以上に滑らか。無駄に迫力満点で素敵でした。
結局、勝利を攫うサラブレッドに爆笑。キレのあるお話で面白かったです。
第44話「どき☆どき探検隊の巻
家の中を探検、地下室(?)で古い物への子供らしからぬ知識を見せるあみ。
夫・あみ、妻・くーちゃんの小芝居やら、怪奇体験やらに見舞われる皆さん。
アニ横と言い怪奇スポット過ぎて心配な家。置き去りのヤマナミさんが哀れ。
そんな感じで、あみが実は5才児の仮面を被った中年でしたと言うお話(殴)

焼きたて!!ジャぱん 第68話「これが私の進む道!? ロード・オブ・ザ・ビワ!」
外伝であったお話、リング→指輪→ビワ、で良いんでしたっけ?
裏切られたスノウザに復讐する為に人間を操ろうとする邪悪(?)なビワ。
ムーン(月乃)の威厳がある感じの声が、意外に合っていて良かったです。
あと、遠慮無く描かれていたスノーザ(雪乃)のおっぱいと体の線が眼福(えー)
戦闘シーンも動きまくりで異常に良い作画は迫力充分、面白かったです。
最後もそれっぽいラストで感動しそうになったりならなかったり、ビワが切ない。
そんな感じで、リアクションにほぼ丸々1話使ったお話でした。さすが黒やん。
次回、最終回。少々、唐突な感じです。

BLEACH 第71話「激突の時!クインシーに迫る魔の手」
人質を助ける為に捕われる石田、まるでヒロイン。
その後、芳野にインターセプトされた石田は敵の狙いを聞く。
力を失った石田が何故狙われるのかとか、その辺は楽しみ。
ただ、シリアスな話に無理矢理捻じ込んだ感じのコメディが蛇足。
ブーブーとか5とか足とかも、ちょっと意図が判らず置いてけぼり。
隊長達のコント(?)はファンサービスかな?と思ったり。

クラスターエッジ 第22話「悲しき怒り」
学園へ警告も無しに攻撃を始めるベスビア。民間人もお構い無しの外道ぶり。
確か学園の生徒って世界中の高官の子供なんじゃ…?良いんですかね?
攻撃を見て何かを思い出すアゲート、暴走寸前でしたがクロムがナイス制止。
学園長は逃げ腰で他の教師達もすっかりベスビアの言い成り状態、残念。
エマが啖呵を切る件は格好良いのに、余韻に浸る間もなくやられて哀れです。
反人造兵派の生徒が奇跡の再登場、案の定助けたのに糾弾されるクロム。
人の在り方を決めるのは周りの人間、と言うクロムが痛々しくて印象的でした。
そして、アゲート切れるの巻。軍を壊滅させて飛んで行く姿にツッコムべきか…
残酷な仕打ちを受けても生徒たちを助けるクロム団が小粋、クロム旅立ち。
ただ、アゲートについては危険と思われても仕方無い気がするんですが…
兎に角、真摯なクロム団の姿を見て声を上げる生徒達の様子が小粋でした。
整備小屋に閉じ込められて隠し部屋を見つけたベリルとフォンも過去を知る?
そんな感じで、再び離れ離れになるキャラ達がそうなるのか期待しつつ。

ガラスの仮面 第48話「夢の一夜」
梅の谷の不思議な紅梅、そして紅天女の起源を知るマヤと速水。
廃屋で相思相愛一歩手前の若い男女が2人きり、危ない×2(笑)
そして、誰もマヤの朝帰りを心配しなかったのか気になったり。
人魚姫の亜弓さんは眼福、マヤも迫力がありました。次は土の演技。
マヤは母なる大地の優しさ、亜弓は土器から大地のエネルギー。
亜弓のロープの演技は見応えありました。マヤの爽やかさも素敵。
風・火・水・土の演技を終えて、いよいよ紅天女を演じる2人。
その矢先に倒れた月影先生、舞台が一体どうなるのか気になる所。
そして、速水会長が発見されて動き出す周囲の人達の動向も。
次回予告を見ると、月影先生が本当に最期みたいで心配です

闘牌伝説アカギ 第23話「剛運の威力」
龍の例えが大仰で面白かったです。…アカギ喋りましたっけ?

エンジェル・ハート 第21話「哀しき守護者(ガーディアン)」
夢の「抱いてくれない?」で勘違いして驚いたダメ人間です。
暫く見ない間に友達出来てる香瑩、見てるこちらも嬉しかったり。
とか思ってたら、運命の悪戯か徒の嘘か、恐ろしい展開に。
悲しい結末は見たくないんですが…、期待と不安が半々です。
あと、見逃してる内にEDも替わってました。

ガンパレード・オーケストラ 第21話「里美の世界」
前回のみずほから一転してコメディ、と言うかラブコメ?
少女趣味で読書好きで長身の古関里美のお話、てかPV(笑)
ともすればお節介にもなりそうな行動力が小気味良い今回。
みずほや石塚も絡んできて、更に人物相関が見えた感じ。
里美の愛と平和を愛する真っ直ぐな気持ちが(嫌でも)伝わってきました。
その長身故(?)に恋人の居ない里美、女の子にはモテモテですが。
長身の里美と小さな友美がお互いファーストキスの相手なのも素敵(?)
今回は、ひょんな事から見つけたラブレターの詩を見せて回る里美。
結果的には、田島・由加里や佐久間・アズサの仲を進展させてます。
極め付けは大迫先生と都校医の仲まで、リボンパワー恐るべし。
そんな感じで愛のキューピットをして周りつつ、自分も恋人探し。
恋に恋して勝手に恋に破れる里美さんの勇姿が、いっそ清々しいです。
青の章では殆ど無かった、幻獣の大規模な戦闘シーンまで繰り出して。
その後、みずほが里美を慰める(?)やり取りと思い出も素敵でした。
今までに無いみずほの表情や人間関係が見られたのも嬉しいです。
オチは予想通りでしたが、直球ど真ん中の青春ぶりに清々しい気分です。
所で、里美の石塚への恋(?)はどうなったんですかね?
折角ですから、みずほ→里美←友美、の三角関係も見て見たい気が(笑)

[ネット配信]
FLET'S SQUARE
帰ってきちゃったSEED120%! 第6回「30代ネタはもう卒業よ!」
超・再放送 PHASE-33「示される世界」(子安武人・三石琴乃)

卒業シーズンに30代ネタ卒業、そして40代ネタ入学(?)のタカハシさん。
メール紹介では、本編へのツッコミ希望や更新ペースについて色々。
昇進出来ない傷心のリョーコさんが素敵、半々の人気は年齢で分かれそう?
タカハシさんの軍服の下のスパッツに気付いてた自分は、ダメ人間(笑)
超・再放送は子安さんと琴乃さんが初コンビで。自称・フリートーク苦手コンビ?
ステラが好きな琴乃さん、シン×ルナマリアに苦言(?)を呈するお2人に爆笑。
子リスみたいな琴乃さん(?)と、その微笑みに照れる(?)子安さん。どちらも素敵。
ムゥ生存には2人とも驚いたようで、子安さんのネオの役作りの話が興味深い。
AAに収容されたネオにも、殴れば記憶戻らない?とか、アグレッシブ過ぎです。
仮面外した後の性格の変化の話など、尽きないネオの話が面白かったです。
マリューとタリアだと、マリューに母性や包容力を感じる子安さん?同感です。
OPの銃を構え合うの絵について、「ネオ死ぬよ?」と言われた子安さんに爆笑。
SEED世界の今後については、戦争はまだ無くならないんだろうな、と言う感じ。
2人に付いては、マリューがジャカスカ産みそう、と言う琴乃さんの発言が素敵。
理論派ではないムゥ?性格だけなら良い教官になりそうですが…専業主夫?
そんな感じで、落ち着いた(?)感じの2人のやり取りが新鮮な感じで素敵でした。
琴乃さんの、ほんわかとキリッと両方の雰囲気が聞けた気がして満足です。
次回更新日:3/28(火)


「ふたりが忘れない」 美郷あき
(TVアニメ『ガンパレード・オーケストラ』エンディング主題歌)
>ガンパレード・オーケストラ

TVアニメ「ガンパレード・オーケストラ」ED主題歌 ふたりが忘れない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック