アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「声優」のブログ記事

みんなの「声優」ブログ


≪訃報≫川上とも子さん[声優]

2011/06/10 23:33
声優、川上とも子さんが死去 「ケロロ軍曹」の日向冬樹役(産経新聞)
ファンの皆様へ(ぷろだくしょんバオバブ デスクのつぶやき)


 大好きな声優さんである川上とも子さんがご逝去なされたと言うことで、大変驚いております。病気療養中とは聞いておりましたが、病気を治し復帰して下さるものと思っていただけに大変残念です。

 自分が川上さんを意識したのは、ヒカルの碁やシュガーの辺りだと思います。…寧ろアニメに興味を持ち始めた頃に重なるかも。その後は、アテナさん(ARIA)や冬樹くん(ケロロ)や美羽さん(ケンイチ)を始めいろいろなキャラの声、そして何より「うさぎの耳たぶ」で“ともぞうさん”の声を聞いておりました。あの元気なお声や、まったりトークがもう聞けないのかと思うと、本当に寂しいです。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビアニメ45年史 なんでアニメは面白い!? 第三巻「サウンド編」

2008/07/27 16:06
 音で紐解くアニメの歴史。


アニマックス開局10周年記念特別番組テレビアニメ45年史
なんでアニメは面白い!?  第三巻「サウンド編」


 第1部は音響の神様・大野松雄さんに取材。宇宙やらビームやらの効果音を作った功績に拍手喝采。アニメはカウボーイビバップ、音に注目(注耳?)して見る(聴く)と更に凄さを感じたり。

 第2部も大野さんに取材、手塚先生との喧嘩エピソードが流石。宇宙戦艦ヤマトの柏原さんのお話も素敵。DグレBGMがフルオケと聞いてビックリ。アニメは999でメーテルさんvsエメラルダスさん、2人の関係、特にエメラルダス→メーテルがライバルと言うよりも百合に見えて仕方ないのはワタシだけでしょうか?

 第3部はトムスの見学Vを見つつ。アニソンの歴史で、ゲストに中島愛さんと水木一郎アニキが登場。アニメはコン・バトラーV、アニソンとスーパーロボットの王道?。

 第4部はアニソンヒットの変遷、作品を前面に押し出した歌からタイアップ主体へ?。マメグ可愛くて、アニキ熱いゼェーット。アニメは頭文字D、車の音にこだわり捲った効果音が流石です。

 そんな感じで、SEとBGMと歌の、熱く切なく耳に心地良い音の彩りと進化が実に興味深い内容でした。確かにアニソンって耳に残るなぁと思いつつ。そしてこれからも、アニキにはアニソン界の牽引、マメグさんには声優・アーティストとしての成長を期待しております。



水木一郎 デビュー40周年記念 CD-BOX「道~road~」
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
2008-07-02
水木一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニマックス開局10周年記念特別番 テレビアニメ45年史 なんでアニメは面白い!? 第一巻「声優編」

2008/07/06 23:05
 アニメの歴史を紹介する特番、声にまつわるお話色々。


アニマックス開局10周年記念特別番組  テレビアニメ45年史

なんでアニメは面白い!?  第一巻「声優編」



 山ちゃん編集長達がアニメ史をまとめた本を出版するため奔走する体で、日本のアニメ史を紹介する番組。

 第1部は、日本初の連続アニメ・鉄腕アトムで主役を務めた清水マリさんを迎えて、当時のお話色々と第84話「イルカ文明」。少年ヒーロー=女性声優の考察と変遷が興味深い。アトムの方も、画面は流石に経年劣化が隠せませんが、お話の内容自体は古さを感じさせない出来でビックリ。

 第2部は老舗・東映アニメーションの紹介もそこそこに、DBZスペシャル「たったひとりの最終決戦」、同一作品で主要3+1役をこなした野沢さんの凄さを改めて感じたり。

 第3部は、東映アニメーションを舞台にアニメ製作の現場紹介やら名物スタッフやら。そして、ルパン3世・山田康雄さんを筆頭に、男の色気を感じさせる男性声優特集、大人も楽しめる作品が増えファン層が拡大したと言う考察で山ちゃん活き活き(笑)。アニメは、神谷明さんが出演する名探偵コナン「自動車爆発事件の真相(前後編)」、2時間ドラマチックな動機と毛利探偵の哀愁が印象的です。

 第4部は、国府田マリ子さん・井上喜久子さんを筆頭に声優ブームについて、ぉぃぉぃ。「一未満の声」のタツオさんの熱弁と、女性陣の熱弁が流石(?)。アニメは女性声優大量出演作(?)、舞-HiMEの第1話「それは☆乙女の一大事」。確かに「一未満の声」が少なくないなぁと思ったり、第1話なのはコレを機に見初めて欲しい計算もあるのかな(?)と思ったり。


 そんな感じで、アニメあってこその声優・声優あってこそのアニメ、と言う事で、第一章〆。声優をテーマに創生・技巧・新境地等々、アニメと声優の皆様の歴史と拡大が興味深い番組でした。一アニメファンとして、声優の皆様の頑張りに感謝です。



NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA
キングレコード
2008-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Top Runner  平野綾

2008/07/02 23:55
 録画したまま忘れてた。


トップランナー -Top Runner-  声優 平野綾


 平野綾さん回を視聴。
 冒頭はハルヒさんやら、こなたさんやら、チコさんやら、代表作紹介。某マジョラムさん等も紹介してくれれば、演技の妙とか見られたんじゃないかなぁと思いつつ。怪人二十面相の朗読ショウでは、重々しさと艶っぽさを感じさせる声音を聞かせてくれたり、照れ臭そうな(?)直後の様子のギャップで和ませてくれたり。劇団員の下積み時代(?)のお話も色々、子役時代の映像が微笑ましい限り。リュミエールさんが懐かしい、子役と言われる年の頃から流石の演技です。そう言えば、解体新ショーのナレーションもやってるんでした。
 そんな感じで、平野綾さんの歴史と人となりが色々見られて楽しかったです。



RIOT GIRL
Lantis(K)(M)
2008-07-16
平野綾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「声優」ブログ

作品感想記事

  1. ワイルドブーケ 想いを綴る花の名は
  2. ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で

ブログ通信簿

マーシア×シェリル至上主義 声優のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる