マーシア×シェリル至上主義

アクセスカウンタ

zoom RSS グループE第2節 - オランダ vs 日本 - 2010 FIFA ワールドカップ

<<   作成日時 : 2010/06/20 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オランダ 1 - 0 日本

 正直、豪や韓のようにもっとやられるかと思ってた。

 ボール支配率とか悲惨なんですが、その割にシュート数や実際のチャンスの数では意外と拮抗してた印象。まぁ、前半攻めあぐねたオランダが、後半早々に点取って安心して追加点よりボールキープに傾いて、そこを日本が突けたと言うのもあるのでしょうが。ただ、状況はどうあれもう一歩でドローに持ち込めたかも…、と言うのが残念。
 個人的には、そこそこ内容があっても勝ち点取れなかったオランダ戦<<<<<<<<<<兎に角勝ったカメルーン戦、と思いますが。

 以下、選手の印象。
 川島、失点は悔しいですが2点防ぎましたし及第。
 トゥーリオは好守に凄かったです。
 中沢はクリアボールを相手に献上してる率が高い気が。
 長友・駒野、危なげ無し。長友は最初と最後どちらか決めてれば…
 阿部・長谷部・遠藤、走り捲りでしたねぇ、疲労が無いか心配。
 松井・本田、守備に忙殺されてしまったか、残念。
 大久保、好守に覚醒してましたが、点に繋がらなかったのが悔しい。
 中村俊、バックパスに反応出来なかったシーンが一番印象に残ってますorz
 岡崎、枠に入れて下さいお願いします。
 玉田、ドリブルよりむしろミドルをガンガン打つべきだったんでしょうね。

 今日は中村俊や岡崎より、中村憲や稲本を入れてミドル狙いの方が効率的だったんじゃないかなぁと思ったり。まぁたられば言っても詮無いことですが。
 試合後、セルジオやヒデが後半の攻めを前半からしてれば〜云々言ってましたが、素人目には後半の攻めはオランダがリードして余裕持ったからこそ、日本がボール持たせて貰えて攻める時間が出来たんだと見えました。前半から守備だけでなく攻撃にも力使ってたら、去年の二の舞だったでしょうに。勿論、先制出来れば展開も変わったでしょうが、この試合のプランとしてはガッチリ守りつつコッソリ点取って逃げ切るしか無かったでしょうし、悔しいですが妥当な結果だろうなぁ…と、寧ろ最少失点で上々の出来?。何はともあれある意味想定内な展開ですし、最終節のデンマーク戦で、どんな形でも良いのでGL突破して欲しい所です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

作品感想記事

  1. ワイルドブーケ 想いを綴る花の名は
  2. ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で

ブログ通信簿

グループE第2節 - オランダ vs 日本 - 2010 FIFA ワールドカップ マーシア×シェリル至上主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる